案件

フリーエンジニアの案件獲得方法とエージェント

現役3年目のフリーエンジニアが、案件獲得方法を解説します。
大きく2つのパターンがあります。
(1)エージェントに登録して、エージェントに紹介してもらう
(2)エージェントを通さずに、企業と直接契約する




(1)エージェントに登録して、エージェントに紹介してもらう
エージェントに登録した場合の流れは以下のようになります。
– エージェントのホームページから登録申込 … 職務経歴書必須
– エージェントと個別面談(エージェントのオフィス) 30~60分程度 … 経験、志望する案件、希望する条件(金額、勤務地など)  ※大体、この初回面談で既に何社か提案してもらえます。
– エージェントから面談のオファー … エージェント担当者から「企業から会いたいと言ってます」、というようなメールか電話が来ます。
– 企業と面談 エージェント同席で20分から1時間程度 … 大体一回。一度、人事担当者と役員面談の2回ということがありましたが、ほとんど1回です。
– 面談後、エージェントから条件提示 面談の帰りか、後日電話が多い。
– 契約書締結
– 仕事開始 … 月初(1日)か、月中(15日)の場合が多い。半月後など、調整がつきやすい。一度、翌日から来てくれ、と言われ、翌日から働いたことがある。

(2)エージェントを通さずに、企業と直接契約する
– 採用担当者or社長と話しをつける …この際に、条件(金額、仕事内容、勤務日数)などをまとめる
– 仕事開始 …大体すぐの場合が多い


Q1. エージェント経由と直契約、どちらがいいか?
-直契約の場合は、エージェントにマージンを取られない、というメリットがあります。
-エージェント経由の場合は、色々な案件を提案してくれるので、選択の幅が広がります。
—-
ここからは経験談。私はエージェント経由、直契約どちらもありますが、どちらもメリデメがあると思ってます。直契約の場合は、対法人と直接、業務委託契約となるのでプロとして扱かわれます。その為、エージェント経由よりも丁寧に扱われるように思います。また、エージェントのマージンもありません。ただ、直契約の場合は止め方が難しく、大体すぐには辞めさせてくれないです。また、大企業と直契約は、コネがないとなかなか入り込めません。一方、エージェント経由の場合は、すでに他のエンジニアを送り込んでいるなど、取引がある場合、そこまでスキルがなくても人員不足などといって、入り込める可能性が非常にあります。その為、実力がつくまでは、最初はエージェント経由で案件獲得を目指した方がおススメです。




私の場合は、最初に直契約を結んでしまいましたが、それ以降はエージェント経由での契約です。

Q2. 案件はどれくらいの期間で決まるか?
大体、探し始めてから1カ月程度見ておけば、十分です。
あまり探す期間が短いのはおススメできません。エージェントは、他のエージェントにとられないように、企業は他の企業にとられないようにするため、早期の契約を迫ってきます。その為、余裕をもって案件を探さないと、エージェントや企業の言いなりになってしまい、そこまで希望する案件でなくても、押し込まれてしまう、という可能性が十分にあります。一方、期間的な余裕があれば、興味がないオファーがあれば断ることができます。その為、予め少し余裕を持っておきましょう。また、1カ月以上案件が決まらない、ということはまずないと思ってよいです。仕事は大量にあるので、そんなに心配はいりません。

Q3. 週4や週3でできるか?
結論から言えば、可能ですが、全体の量から言えば、そんなに多くありません。基本は週5と考えておいたほうが、選択肢がぐっと広がります。ただし、途中から週5→週4というのはよくあります。
—-
経験談:周りのエンジニアでは、最初は週5で契約して、信用がついてきたら、週4を依頼する、という方が多いです。途中で週4を依頼する方が圧倒的に確立が高いです。在宅のフリーエンジニアは、技術と信用があれば可能でしょう。

Q4. 業界未経験でできるか?
なにをやりたいかによるが、前職と関連した案件だとやりやすい。例えば、飲食系の出身だと、その経験が買われて、多少スキルが薄くでも飲食系のWebサービスの案件に関われる可能性が高い。ただ、やはり業務委託契約となる為、技術が求められるのは間違いないので、技術をアピールできた方が良い。自分で1からサービスを作った、やGitHubのアカウント、技術ブログなどが最もオーソドックス。

Q5. フリーエンジニアの年収は?
月単価 x 12 が年収になる。例えば、月単価70万円なら、売上が840万円となる。ここから経費などを引いた金額が年収となる。ただ、フリーランスの場合、3カ月更新の場合が多いので、年収というより、「月幾ら?」で考えることの方が多いと思う。また、単価は、フリーランスを続ければ続けるほどスキルが上がっていくので、基本的には上がっていく。そもそも50万/月以下の案件がほとんどないので、そんなに年収が下がることは基本的になく、案件がない、ということもない。

Q6. 税金はどうしているか?
1年に1度確定申告がある。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です