エージェント

フリーランスがエージェントを変更する意義

SESの場合、基本的にエージェントを介して案件に参画します。
その為、エージェントより案件の紹介を受けるのですが、このエージェントは殆どリスクなく手数料を得られるからか、非常に沢山あります。
大手と呼ばれる有名どころのエージェントはある程度ポジションが固まりつつあるように見えますが、参入障壁が薄いからか、SES以外の事業をメインとしている開発会社、事業会社、コンサル会社なども参入しており、いわば乱立している状況です。

エージェント選びはどれほど重要なのか、ということを意識していませんでしたが、抱えている案件の質、提案力、営業マンなど全く異なることに気が付きました。

自分にとって丁度心地よいエージェントというのがあるのですが、やはり一歩踏み出して、ワンランク上のエージェントに挑戦すると、色々な気付きがあります。まず、何が違うかって、「単価」が全然違います。こんなに違うんだ、って位、世界観が異なります。そして、求められるスキルレベルも高いです。逆算して勉強しなければなりません。

案件ごとの間を開けたくない、という向きもありますが、少し余裕が出来たら、質の高いエージェントをノックする、というのは十分価値があることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です